電子定款認証の代行

公証人による定款認証を、お客様に代わって受ける業務です。電子定款にのみ対応します。こんな方に・・・

  • 士業の方、定款作成・会社設立の経験のある方。
  • 役員構成や会社の目的など、具体的にしっかりと決まっている。
  • できることは全て自分でやって費用を節約したい。

定款作成、設立申請等はご自身で行って下さい。ただし、フォームで定款認証代行をお申し込み頂くと、定款のひな型をダウンロード頂けます。

対象地域:大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県

  1. 料金と内訳
  2. お申し込みから認証完了までの流れ
  3. 電子定款認証の代行 お申し込み・お問い合わせ

【1】料金と内訳

電子定款認証代行業務 10,000~16,000円(税抜)

  • 大阪府に本店を置く場合:10,000円(税抜)
  • 兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県に本店を置く場合:16,000円(税抜き)

料金に含まれる内容

  • 定款のひな形
  • 定款への電子署名
  • 定款の誤字脱字のチェック
  • 公証役場での定款認証の代行
  • 定款謄本 2通
  • CD-R
    認証後の定款データをCD-Rに保存してお返し致します。

 

対象外の内容

  • 定款の内容の吟味
    • 会社の目的表現は事前に法務局でご確認ください。
    • 会社の目的表現には適法性はもちろんのこと、明確性・具体性が必要です。許認可が必要な業務の場合は、特にご注意ください。
    • 組織構成等の定款の記載内容に関しては、お客様の責任でご決定頂きます。
  • 定款の内容・会社設立に関する相談
    面談相談が必要な場合は有料となります。(出張面談は交通費別途)
    1時間 8,000円 以後30分毎に4,000円
  • 費用実費
    公証人の認証手数料、送料、公証役場への交通費(大阪府下以外)

 

お客様にご用意頂くもの

  • 定款データ
    Wordファイルでご用意下さい。
    弊社ひな形はお申し込み後、ダウンロード頂けます。
  • 定款認証にかかる費用
    弊所手数料以外に、公証人手数料52,000~54,000円、送料510円、公証役場への交通費が必要です。尚、大阪府下が本店の場合、交通費は必要ありません。
  • 発起人の印鑑証明書 1通ずつ
  • 書類への捺印

【2】お申し込みから認証代行完了までの流れ

定款の認証日は公証人の予定によります。以下は、弊職に書類が到着後、認証完了までにかかる日数です。

  • 大阪府・兵庫県 1~3営業日後
  • 京都府・奈良県・滋賀県 4~6営業日後

0. お問い合わせ・面談予約

電子定款認証の代行フォームを送信後、弊所から確認メールが自動的に返信されますので必ずご覧下さい。( ひな形などの受取り方法などが記載されております。)

矢印

1. 弊職にて:下記データをお渡しします

下記の書類データをお渡しします。

    • 委任状・定款のひな形
    • 委任状への捺印例と手続きの流れを記載した手引き

電子定款の認証手続きに関するご質問がございましたら、事前にお問い合わせください。

矢印

2. お客様にて:料金の払込み、定款データの送信、印鑑証明書の取得

  • 定款原稿を作成し、弊所へデータを送信下さい。
  • 定款の原稿は、弊所作成のひな型をご利用頂けます。
  • 印鑑証明書を取得しておいて下さい(発起人全員分 1通ずつ)。
  • 会社の目的表現は、必ずご自身で、事前に法務局でご確認ください。
  • 定款原稿を受信しましたら、請求書を送信しますのでお振込下さい。

矢印

3. 弊職にて:定款データをチェック・ご入金確認後、お客様へ返送

  • ご入金が確認できましたら、届いた定款原稿のデータを簡単にチェックした後、捺印を頂くための定款データを返送します。
  • 誤字脱字が明らかな場合や、定款の認証を受けるために公証人側より修正・訂正の要請がある場合は、弊社にて部分的に訂正します。

矢印

4. お客様にて:委任状への捺印、書類の郵送

  • 手引きのとおり、届いたデータをプリントアウトの上、ご捺印下さい。
  • ご捺印後の書類を、印鑑証明書と合わせて弊所へ郵送下さい。

矢印

5. 弊職にて:公証人の認証を受ける

お客様からの書類を受領した後、捺印箇所を確認し、公証役場にて定款の認証を受けます。

矢印

6. 弊職にて:認証完了、書類発送

認証完了後、認証を受けた定款データと謄本等をレターパックにて即日発送。

【3】電子定款認証代行業務のお申し込み

定款認証代行フォーム
eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ